楽しくおいしく美しく

米国ピッツバーグ在住パーソナルトレーナー。「楽しく動いて、おいしく食べて、見た目も内面も美しく!」心と体が喜ぶ健康的なライフスタイルを提案しています。

体重が落ちない、体脂肪率が下がらないケース

https://www.instagram.com/p/-11mvPqerf/

Who occupies my mat?! #cat #yogamat #workout #fitness #pet 内容とは関係ない写真ですが…

標準の摂取カロリーを下回っているのに、なかなか体重が落ちない、または、なかなか体脂肪率が落ちない、と悩んでいる人は結構いますよね。その要因はいろいろなのですが、少しあげてみます。

体重が落ちない人

  • 十分な運動をしていない
  • 水分摂取量が多い
  • 塩分摂取量が多い
  • 老廃物の排出が少ない
  • 実はつまみ食いなどをして無意識に食べている
  • 基礎代謝率が標準よりも低いため、実際は摂取カロリーが消費カロリーを超えている
  • ストレスを溜めやすい
  • 睡眠不足

体脂肪率が落ちない人

  • タンパク質の摂取が少ない
  • 炭水化物の摂取量が多すぎる
  • 主要栄養素以外の栄養素が不足している
  • 脂肪の摂取量が多すぎる
  • 筋肉量が少ない
  • 脂肪を燃やすための有酸素運動量が少ない
  • 筋トレをしていても負荷が足りない、または徐々に負荷を増やしていない
  • 高GI(グリセミック指数)の食品を多く摂取している
  • ストレスを溜めやすい
  • 睡眠不足

適切な運動をしている場合、体重は摂取カロリーや水分と、消費カロリーや老廃物の排出量の調整ができれば、数学的に考えて減らすことはできます。

体脂肪率では、摂取量よりも摂取した栄養素の性質や割合によって、体が脂肪の合成や分解を活性化することに注目すべきです。

どちらにしても、ストレスや睡眠不足が原因で、体内の代謝を左右するホルモンが分泌して、体重が減りにくい、体脂肪率が落ちにくい体になることは見落とされがちなので、生活リズムや生活環境の改善も体質改善の第一歩になりますね。

他の要因もあるし、上にあげた各項目についても、その理由や改善ポイントなど今後ちょこちょこ詳しく書いていくつもりです。