読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しくおいしく美しく

米国ピッツバーグ在住パーソナルトレーナー。「楽しく動いて、おいしく食べて、見た目も内面も美しく!」心と体が喜ぶ健康的なライフスタイルを提案しています。

自分にあったチャイルズポーズのバージョンを見つけよう

ヨガで必ずするリラックスできるポーズ、チャイルズポーズ。自然と背中がストレッチできてリラックスできるポーズだと言われています。

よく指導されるチャイルズポーズは

ー親指同士をくっつけて軽く正座したまま上体を前に倒していく

ーお尻は足に、頭は床につけて、両腕は体に沿って手は足の横に置いて手の平を上に向ける。深呼吸

てな、感じです。でも、これを完璧にやろうとする、あれれ?そんなにリラックスできないし、どこか落ち着かず変な感じ…ということが起きる人もいるでしょう。人の体はそれぞれ違うので、一辺倒なやり方では違和感を感じるのは当たり前。自分の体がちゃんとリラックスできるように、ちょっとポーズを変えて自分に合ったチャイルズポーズを追求しましょう。

膝を大きく開く

運動しすぎでハムストリングが固くてお尻が足につきにくい人や、体が大きかったり、妊婦さんなど、お腹が膝に当たって苦しい人は、足膝の幅を肩幅くらいかそれ以上に広げると、太ももの裏やお腹が楽な姿勢になります。 

額にブロックまたは拳を当てる

頭が床につきにくい、または頭を床につけると首に痛みや違和感を感じる人は、額の下にブロックを置くといいでしょう。ブロックがない場合、腕を前方に持ってきて両手を合わせて拳を作って額を載せるのもありです。

クッションやタオルを使う

チャイルズポーズの姿勢では、膝や足首、足の甲に上半身の重みがぐっとかかって痛みを感じることがあります。その場合はマットと足の間にクッションや重ねたタオルを挟むのがオススメ。プロップスがない場合は、マットを丸めて膝下や足首の下に持ってくると楽になります。

両腕を前へ伸ばす

思ったより背中が伸びきらずリラックスできない人や、肩に違和感を感じる場合は両腕を前方に伸ばしましょう。腕を伸ばして手の平でマットを押すと、思いっきり背中全体がストレッチされます。逆にゆったり腕を伸ばした状態だと、肩から背中にかけて十分にリラックスできるはずです。

楽なポーズは毎回変わる

いろんなやり方を試してみて、深く呼吸をした時にどれくらいリラックスできるかを自分の体で感じてみてください。体のコンディションや気分、ストレスなどによって、同じポーズでも感じ方が変わるので、毎回いろんなバージョンを試してみて、その度に本当に体が楽なポーズを見つけられるのが理想だと思います。