読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しくおいしく美しく

米国ピッツバーグ在住パーソナルトレーナー。「楽しく動いて、おいしく食べて、見た目も内面も美しく!」心と体が喜ぶ健康的なライフスタイルを提案しています。

フォームローラーのススメ

家でストレッチやフォームローラーを使っての筋肉リリースといった緩い動作をしてると必ず猫に邪魔されます。かわいいから許す。

パーソナルトレーニングの前後にフォームローラーを使用してます。凝った筋膜をピンポイントでほぐしたり、全身のマッサージやストレッチに使ったり。フォームローラーを使うのと使わないのとでは、トレーニングの効果もだいぶ変わってくるのです。

フォームローラーを使う利点

過剰使用で凝った筋膜をほぐす

普段の姿勢や、何気なく日常的に繰り返し行っている動作のフォームにクセがついていると、体の一部だけを使いすぎてその周囲の筋膜がこちこちに硬くなってしまいます。フォームローラーで深筋膜の凝った部分を集中して刺激することで筋膜がリリースされてより正常な状態に近づきます。そうすることで、姿勢を正したり、フォームを矯正することが可能になり、凝りから生じる別の部分の関連痛も予防できます。

関節の可動域を広げる

過剰使用の筋膜やダメージを受けた筋膜をリリースすることで、筋膜と結合する関節の可動域を広げることができます。また動作全体の柔軟性が高まってケガの予防にもなります。

動作にキレができてパワーが高まる

上記の2つの事柄に関連しますが、筋肉と関節のモビリティが高まることで、機敏な動きが可能となってパワーが増します。瞬発力が増すということですね。

アンバランスに張った筋肉を和らげる

トレーニングによりぱんぱんに張った筋肉をフォームローラーでマッサージすることで、血流を良くしてバランスのとれた柔らかい筋肉に戻してあげることができます。

運動後の筋疲労や筋肉痛を予防する

使用した筋肉をフォームローラーでマッサージ&ストレッチしてあげることで、血行を良くして老廃物の除去を早めることで、後の倦怠感や筋肉痛を防ぎます。

フォームローラー以外にも

首や付け根や足の裏、頭部、腕の付け根など小さな部分は、フォームローラーではツボ押しできません。なので、ラクロスボールやリフレクソロジー用のぶつぶつのついたボールも使っています。ダンベルやブロックといったトレーニング中に使うプロップ同様に、これらは全部大事なトレーニング道具です。